地方気象台による注意報・警報発表時の対処
山口県立岩国工業高等学校 

 情報  授業 始業前に発表  始業後に発表 
  注






 
 
強風 実施 @以後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登下校できることえを確認した上で登校する。

A安全に登下校することが困難であると予測される場合には、その旨を学校に連絡し、自宅待機する。

Bその後の状況に応じて登校するかどうか適切に判断すること。
@ 気象情報や地域の実情に応 じ、授業を中止して下校させることがある。
 
大雨 
洪水







  
 暴風  中止  @午前6時の時点(それ以前に家を出なければならない場合はその時点)で警報が発表されている場合は、午前11時まで自宅で待機する。

A午前11時の時点で警報が解除されていない場合は一日休校とするが、解除されている場合は、午後の授業に間に合うように登校する。(※)

B警報が発表されている間は、避難する場合を除き、家から外に出ない等安全を確保すること。
 @安全を確認した後、下校させる。

  【確認事項】
  ・交通、道路情報の確認
  ・保護者引き取りの有無
  ・集団下校者の確認
  ・自転車通学生の安全指導
  ・下校途中で帰宅不能になっ
   た場合の対処方法

A安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡を取り、適切な処置をする。
 大雨  実施  @今後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。

A安全に登下校することが心配される場合は学校に連絡をし、自宅で待機するか状況を見て登校する。
@ 気象情報や地域の実情に応じ、授業を中止して下校させることもある。
 洪水


備  考

(※)その後の気象情報や地域の状況等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校すること。
・地方気象台が発表する注意報・警報は山口県東部地区を対象とします。
・上記以外の対応が必要な場合は学校から連絡します。
   (メーリングリストによる緊急通報や岩工HPを参照させる)
・公共交通機関による登校が困難な場合は、欠席扱いにはなりませんので、無理をして登校
 しないこと。
・上記以外の警報・注意報についての登下校対応は地域差が大きいこともあるので保護者
 の判断に委ねます。
・通信機能確保のため、学校への問い合わせはなるべく控えて下さい。